コンテンツ一覧

施工する目的

フローリング

賃貸物件で人気上昇中

フロアコーティングを施しておくと掃除や手入れが簡単になったり、見た目がきれいな状態を保つことができる以外にもいくつものメリットがあります。最近では自己所有の住宅だけでなく、賃貸アパートやマンションでフロアコーティングをする建物が増えています。賃貸物件でフロアコーティングを行う目的は建物の価値を下げないためです。部屋の壁は壁紙で守られていますので、壁紙が黄ばんだり汚れたときには壁紙を張り替えるだけで美しさを取り戻し、壁紙を張り替える料金は安価です。一方、床は床材がむき出しの状態で、その上を人が歩いたり、重い家具が乗ったり、家具をひきずってしまい傷がついてしまいます。床が破損したからと床材を張り替えたくても、壁紙と違って床の張り替えは多額の料金がかかってしまいます。傷んだ状態の床をそのままにして次の入居者を募集するとなかなか入居者が入らなかったり、家賃を下げざるをえません。床材の劣化や傷がつくことを防ぐことができるフロアコーティングをしておけば、長期間床をきれいな状態で保つことができ、資産価値が減少しないため入居者が集まりやすくなり、家賃をしぶしぶ下げるといったことをしなくてもよくなります。フロアコーティングはコーティングの方法によって、部屋が明るくなったり、すべりくにくくなったり、上品なイメージにできたりといった様々なメリットもあります。自分が求めることを業者に相談してからフロアコーティングを施工してもらうようにしましょう。

Copyright© 2018 傷や劣化から自宅の床を守ろう!【フロアコーティングの種類と特徴】 All Rights Reserved.