コンテンツ一覧

床の劣化を遅らせる施工

女性

酸素と水分から床を守る

毎日床掃除をすることが大変と思う人も多く、気を付けていても水をこぼしたり、床に傷つけてしまいがちです。そんなときにはフロアコーティングをしておけば、軽く水拭きをするだけで汚れは簡単に取り除くことができ、きれいな状態を保つことができます。ほとんどの家庭で使われている床材は木材なので、何もしないでいると徐々に劣化が進んでしまいます。フロアコーティングをしておけば、きれいな状態を保つことだけでなく、劣化が進むのを大きく遅らせてくれます。森林から伐採された木材は、そこで命を失うので徐々に劣化が進んでいきます。劣化を進ませる要因には紫外線と酸素と湿気があり、そこに人為的な傷や水分が加わると劣化が大きく進むことになります。フロアコーティングをすると木材の上にコーティング剤が膜を作るため、酸素や水分が木材に触れることを防ぐことができます。また、紫外線カット効果の大きいフロアコーティング材を使えば、紫外線による劣化を防ぐこともできます。木材に塗布された薄い膜は、人為的な劣化を防ぐこともできるため、床材の劣化を防ぐことができるのです。フロアコーティングを行うタイミングは、新築時やリフォーム時に行うことが多いですが、最近では入居している家庭でもフロアコーティングを行うことが増えています。フロアコーティングをするにはフロアから全ての家具を撤去しなければならず、塗布してからの養生期間も必要になります。しかし、UVコーティングは養生期間が短期間で済むので、入居していても住むことができない期間が短くなるため入居中でもフロアコーティングができるようになりました。

Copyright© 2018 傷や劣化から自宅の床を守ろう!【フロアコーティングの種類と特徴】 All Rights Reserved.