コンテンツ一覧

住宅の床を頑丈にしよう

床

床材を皮膜で覆うメリット

住宅のフローリング床は見栄えが良く、掃除の際に軽く拭きとるだけで汚れを除去出来るのが利点です。近代的でおしゃれな雰囲気を演出出来る利点がある一方、フローリング床は傷が付きやすい欠点もあります。また、経年劣化によって表面が摩耗して微小な凹凸が出来ることで汚れが沁み込み、床材が変色する不具合にも見舞われます。フローリング床の修理は高額な費用が掛かるので、コストを抑えるためには定期的なワックスがけが不可欠です。フローリング床にワックスをかけることで皮膜が作られ、床材の劣化を軽減させることが出来ます。また、ワックスの皮膜は撥水性があるので水濡れにも強く、汚れを軽く拭きとるだけで綺麗にすることが出来ます。ワックスの艶はフローリング床の見栄えを改善させ、新築同様の輝きを再現することが可能になっています。見た目が良く耐久性も向上することで、床材を長持ちさせることに繋がります。ワックスがけは均一な厚さの皮膜に仕上げる必要があるので、塗りムラが出来ないように丁寧な作業が求められます。素人作業では均一な塗布作業は難しく、床材の凹凸を事前に滑らかに処理しておく必要もあります。そのため、ワックスがけを行う際は住宅リフォームなどの室内作業に詳しい業者に依頼するのが無難です。作業費用は使用するワックス剤の品質や床面積で変わるので、事前の見積もりを必ず行ってうえで判断することが大切です。また、定期的に塗り替えを行うことになるので信頼出来る業者を選ぶことも安心して作業を任せるための条件になります。

Copyright© 2018 傷や劣化から自宅の床を守ろう!【フロアコーティングの種類と特徴】 All Rights Reserved.