コンテンツ一覧

施工をするメリット

床

きれいな状態を保てる

新築したときやリフォームが終わった後の床面はきれいな状態になっていますが、生活をしていると塗装がはげてきたり、床がけばだってきたりと見た目が悪くなってきます。美しい状態を保ちたいと思うことは普通のことで、そんなときにはフロアコーティングをしておけば床を美しく保て、掃除の手間も少なくすることができます。フロアコーティングは最初に行うことが多いですが、すでに入居している場合でも施工可能で、その場合には床を清掃し、ワックスや前にコーティングしている場合には完全にワックスやコーティングを剥がします。そのあとにフロアコーティングをすることになりますが、傷などで床に凸凹ができている場合には樹脂などを使って凸凹を埋めて平たんにします。そのあとに下地処理をして、コーティング材を塗布して終了となります。新居のときにフロアコーティングをすれば、補修作業が必要ないため、費用も安くなるのでおすすめです。フロアコーティングをするときれいな状態を保つことができるのは、コーティング剤は水をはじいて木材まで水分が浸透しないためです。木材はそのままでは水分が浸透してしまい、水分と一緒に汚れも浸透してしまうため、拭き掃除をしても表面だけしかきれいにすることができません。フロアコーティングをしていれば、木材内部まで汚れが浸透しないので軽くふくだけで汚れを除去することができるのです。フロアコーティングによって光の反射率が高くなるため、部屋が明るくなることでも部屋がきれいに見えます。

Copyright© 2018 傷や劣化から自宅の床を守ろう!【フロアコーティングの種類と特徴】 All Rights Reserved.